キズや年代物のカメラ

18年03月28日 | | キズや年代物のカメラ はコメントを受け付けていません。

出張買取長い期間カメラを使用していれば、キズが付いてしまうこともあるでしょう。キズの状態にもよりますが、多少のキズであれば買取不可になるケースは少なくなっています。しかし、かなり深いキズが付いている場合や、レンズなど重要な箇所にキズが付いている場合などは、買取できないこともあるでしょう。キズがあるカメラの買取りを行う場合には、自分でもキズの状態を把握しておくことが重要です。

店頭に持ち込んで買取りをしてもらう場合は、自分でキズの状態を把握していなくても、担当者がしっかりと査定をしてくれるので問題はないでしょう。しかし、出張買取りや宅配買取りを行う場合には、事前にカメラの状態などを詳しく聞かれることも珍しくはありません。そのため、できるだけ詳しい状態を自分自身も把握しておく必要があるのです。

では、年代物のカメラの場合ですが、あまりにも古いタイプのカメラを売りたい場合には、買取りしてもらえないこともあります。どれぐらい古いとダメになるのかというのは、店によって異なっています。多少古くても買取りしてくれる店もあれば、全く対応していない店もあるので、事前に情報収集をしておくのがよいでしょう。カメラの種類によっては、かなり古くても買取りできることもあります。



Comments are closed